第4回MOE絵本屋さん大賞2011 受賞作一覧

絵本のことならおまかせのMOEが、全国の1200人の絵本専門店・書店の児童書売り場担当者にアンケートを実施、その年に最も支持された絵本30冊を決定!
第1位
バムとケロのもりのこや
島田ゆか/作

文溪堂

本体1500円+税

森へ木いちごを摘みに行ったバムとケロは、誰も住んでいない古い小屋を見つけます。ここをふたりの秘密の小屋にしよう、そうと決めたら修理と掃除と、なんでも屋のソレちゃんも呼んでピカピカに。秘密の荷物、秘密の出口、秘密の「星を見る会」の準備。絵の中にお楽しみがたくさん、大人気シリーズ最新作。
第2位
うきわねこ
蜂飼耳/文

牧野千穂/絵

ブロンズ新社

本体1400円+税

猫のえびおの誕生日に、おじいちゃんから届いたのは、白と赤のうきわ。「つぎのまんげつのよるをたのしみにしていてください」という手紙つき。待ちに待った満月の夜、えびおを乗せたうきわは、ひとりでに空に浮かび上がります。輝く月の下で待っていたのは、おそろいのうきわに乗ったおじいちゃん。ふたりは夜空の散歩に出かけます。
第3位
ほげちゃん
やぎたみこ/作

偕成社

本体1000円+税

おじさんからゆうちゃんに届いたプレゼントは、水色のカバみたいなぬいぐるみ。「ほげちゃん」と名付けられ、家族の一員になりました。みんなほげちゃんに慣れるにつれて、いつの間にか、のっかったり、ドアにはさんだり、シミをつけちゃったり。そんなある日、みんなが出かけた後、お留守番のほげちゃんが突然、立ち上がって大爆発!!
第4位
へんなかお
大森裕子/作

白泉社

本体1000円+税

「ねぇ ねぇ みててね」クマに呼ばれて、ページをめくれば、「べぇ~~~」っとクマのへんなかお。お次はシマウマが「いーーーっ」とへんなかお。カエルにライオン、どんどん続く、動物たちのへんなかおのオンパレードに、大人も子どもも、思わず吹き出しちゃう。巻末に、ミラーシートで自分の「へんなかお」を映せるしかけつき。
第5位
おおきな木
シェル・シルヴァスタイン/作

村上春樹/訳

あすなろ書房

本体1200円+税

大好きな少年のために、りんごの木は、葉っぱ、あるだけの実、かかえきれないほどの枝、自分のすべてを与え続ける。何かを失うたびに、「木はしあわせでした」のリフレイン。幸福の意味を問うモノクロ絵本は、40年以上のロングセラー。村上春樹訳で注目される新版は、訳者あとがきもまた味わい深い。
第6位
新幹線のたび
コマヤスカン/作

講談社

本体1500円+税

はるかとお父さんは春休みに、おじいちゃんの家まで旅をします。はやぶさ、のぞみ、さくら、三つの新幹線を乗り継いで、雪の青森から桜の鹿児島まで。山々のつらなり、にぎやかな都市、青い川と海、旅をしながら美しい日本を再発見。どこかに描かれている他の列車や地方の名物探し、移り変わる車内風景も楽しい。
第7位
アライバル
ショーン・タン/作

小林美幸/訳

河出書房新社

本体2500円+税

娘と妻に別れを告げ、主人公がたどりついたのは、見慣れぬ文字、不可思議な生物、すべてが摩訶不思議な土地。文字がない絵本の壮大な圧倒感は、まさにグラフィック・ノヴェル。またひとつ絵本の可能性を広げた話題作。
第8位
たかこ
清水真裕/文

青山友美/絵

童心社

本体1300円+税

ぼくのクラスに転校してきた、たかこ。長い黒髪に、手には扇、着ているのは十二単。「いと はづかし」なんて、言葉もちょっと変わってる。みやびで奥ゆかしい平安女子のたかこが、クラスのみんなになじむまで。
第9位
おすわりくまちゃん
シャーリー・パレントー/文

デイヴィッド・ウォーカー/絵

福本友美子/訳

岩崎書店

本体1100円+税

4つの椅子に、4人の小さなくまちゃん。後からやってきた、大きなちゃいくまちゃんは座れない? しょんぼりしている、ちゃいくまちゃん。みんなで工夫をしたらどうかしら? 最後に5つ並んだにっこり笑顔が素敵。
第10位
パンツのはきかた
岸田今日子/作

佐野洋子/絵

福音館書店

本体800円+税

ピンクのぶたさんが、ひとりでパンツをはきます。「パンツはね はじめにかたあし いれるでしょ」口ずさみたくなる言葉は、巻末に楽譜つき。パンツをはくことが、こんなにドラマチックなんて。思わぬラストにも、うふふ。

こどもMOE最新号

付録1:絵本「ノラネコぐんだん アイスのくに」 付録2:絵本「おまつり」 付録3:ノラネコぐんだん アルファベットポスター

Books

詳しくはこちら

たべてみたい!

第3回MOE創作絵本グランプリ受賞、いしいひろし待望の絵本最新刊!

みてみて おかあさん

おねえちゃんになった女の子の気持ちを描いた、LEEさんとみやこしあきこさんの初コラボ絵本。

こまった こぐま こまった こりす

かこさとしさんの1980年代の傑作絵本が、装いを新たに登場!