第5回MOE絵本屋さん大賞2012 受賞作一覧

絵本のことならおまかせのMOEが、全国の1200人の絵本専門店・書店の児童書売り場担当者にアンケートを実施、その年に最も支持された絵本30冊を決定!
第1位
あさになったのでまどをあけますよ
荒井良二/作
偕成社
本体1300円+税
山、町、海辺、里……窓を開けて目の前に広がる景色が1枚、また1枚と続きます。朝の光に満ちた人々の生活、人々の1日。あたりまえの景色を慈しむこと、目の前にあるものを描くこと。「やっぱりわたしはここがすき」。
第2位
どこいったん
ジョン・クラッセン/作
長谷川義史/訳
クレヨンハウス
本体1500円+税
現れたのは、ぬぼーっとしたくま。赤い帽子をさがしています。「どこいったん?」と聞いても誰も知らない様子。でも、あれ? そういえばさっき……。結末を真剣に考えると、ちょっぴり怖いけど、ユーモアたっぷりの絵本。
第3位
いるの いないの
京極夏彦/作
町田尚子/絵
東雅夫/編
岩崎書店
本体1500円+税
ここはおばあさんの住む古い家。柱が太く、暗い所がいっぱい。高い天井の梁が渡っている辺りに、男の子はふと何かを見たような気がします。「みないから いるかいないかわからないよ」とおばあさんは言うけれど……。
第4位
なぞなぞのみせ
石津ちひろ/なぞなぞ
なかざわくみこ/絵
偕成社
本体1000円+税
左ページに5つのなぞなぞ。右ページには洋服屋さんや時計屋さん、文房具屋さんのお店が並びます。ショーウィンドーや棚、壁まで商品が並ぶお店から、なぞなぞの答えを見つけましょう。もちろん答え以外にも発見はいっぱい。
第5位
ぼうし とったら
tupera tupera/作 
学研教育出版
本体950円+税
ぼうしの中から出てくるのは、カエルや小鳥、ちょんまげ頭……。なるほど、と思わせるものから、ありえない、とびっくり仰天するものまで。グラフィカルなセンスとユーモアが効いた、おしゃれなしかけ絵本です。
第6位
しごとば 東京スカイツリー
鈴木のりたけ/作 
ブロンズ新社
本体1800円+税
「しごとば」シリーズの第4弾は世界一の東京スカイツリーができるまで。設計に始まって、鉄工、溶接、鍛冶、クレーン作業。どれだけの人と技術が集結しているかがつぶさに描かれ、どのページもたくさんの情報でいっぱい。
第7位
オニじゃないよ おにぎりだよ
シゲタサヤカ/作 
えほんの杜
本体1238円+税
おにぎり好きなオニたちが、人間たちにおにぎりの本当のおいしさを教えたいと必死の努力。かたやオニを怖がって逃げ出す人間たち。お人好しで、人間よりも人間味あふれるオニたちのキャラクターが笑いを誘います。
第8位
おうさまのおひっこし
牡丹靖佳/作 
福音館書店
本体1400円+税
丸い顔で、おもちゃみたいな王様と6人のお供たち。あわてんぼうのお供たちは王様の気持ちを慮りすぎ、何だかへんてこなことに。洋と和がミックスしたような独特の空気感が、物語をひときわ印象的にしています。
第9位
トラのじゅうたんになりたかったトラ
ジェラルド・ローズ/文・絵
ふしみみさを/訳
岩波書店
本体1400円+税
トラの毛皮の絨毯と入れ替わり宮殿へ潜入したトラは、夜な夜なごちそうを食べ大満足。そこにやってきた泥棒。王様を救うために、正体がばれるのを承知で吠えたトラは……。
第10位
アリのおでかけ
西村敏雄/作 
白泉社
本体838円+税
赤いバスに乗って、アリたちがおでかけ。がたがた道を走っていると思ったらワニの背中、山が見えてきたと思ったらラクダのこぶ。さてさてお次は?発見がいっぱいの、小さなアリたちのドライブを楽しみましょう。

こどもMOE最新号

付録1:ノラネコぐんだんプールBAG 付録2:24P別冊絵本「なきごえたくはいびん」 えがしらみちこ 付録3:とじこみ付録 ノラネコぐんだん あいうえお表

Books

詳しくはこちら

たべてみたい!

第3回MOE創作絵本グランプリ受賞、いしいひろし待望の絵本最新刊!

みてみて おかあさん

おねえちゃんになった女の子の気持ちを描いた、LEEさんとみやこしあきこさんの初コラボ絵本。

こまった こぐま こまった こりす

かこさとしさんの1980年代の傑作絵本が、装いを新たに登場!