2016.03.23 「マイメロディ展」「キキ&ララ展」会場レポート!

「マイメロディ展」「キキ&ララ展」が、
3月16日より、東京の松屋銀座ではじまりました!
「MOE」2016年4月号
「ニッポンのかわいい伝説 サンリオが大好き!」

も会場で販売中。
気になる展覧会場の様子を少しだけお届けします♡



1a.jpg
た、食べられちゃう〜!?
「マイメロディ展」は、
大きなオオカミの口から、真っ赤な身体の中へ。

2a.jpg
マイメロディは、1975年に、
童話「赤ずきん」をモチーフにして誕生しました。
食べられちゃったオオカミのお腹の中に入っていくことで
歴史を振り返るという斬新な試みです。

3a.jpg
初公開となる貴重な70年代の原画が並び、
見応えたっぷり。

4a.jpg
原画やグッズは、総数100点あります!

5a.jpg
壁がマイメロディで埋め尽くされています。
展覧会アートディレクターの祖父江慎さんが
「MOE」4月号で語ってくれたインタビューによると、
マイメロディ展は、『物質社会』と『過剰性』がテーマ。

6a.jpg
というだけあって、
ぬいぐるみがぎっしり。
すごい迫力です......。

7a.jpg
なんと! 
冷蔵庫からもマイメロディがあふれています。



8a.jpg
一方、もう1つの会場、
「キキ&ララ展」は、静かで幻想的な雰囲気。
星空から、キキとララが出迎えてくれました。

9a.jpg
まるで、プラネタリウムのような展示空間。
キキとララが生まれた宇宙
「ゆめ星雲」に遊びに来た気分です。

10a.jpg
ステンドグラスがあったり、
作品の額が十字架の形になっていたり。
どこか教会のような荘厳さがあります。

11a.jpg
こちらも、原画とグッズは総数100点! 
夢の世界にひたれます。

13a.jpg
祖父江慎さんによると、
「キキ&ララ展」のテーマは、『精神性』

最後の「小さなお願いがかなう部屋」には、
キキとララから私たちにメッセージが......☆



14a.jpg
また「マイメロディ展」の最後では、
初代デザイナーさんが描いているところが
映像で流れています。
こちらも必見です!




moribito_5.jpg
「MOE」2016年4月号
「ニッポンのかわいい伝説 サンリオが大好き!」

はサンリオキャラクターの魅力を大特集。
特別インタビュー
「アートディレクター祖父江慎さんが語る
キキ&ララ、マイメロディの魅力」

では、展覧会の表では語られなかった裏コンセプトについて、
たっぷりお話をお聞きしました。

あわせてお楽しみください!




マイメロディ展 キキ&ララ展 

2016年3月16日(水)~4月4日(月)
松屋銀座 8階イベントスクエア
http://www.sanrio.co.jp/news/event-mmts-matsuya-ginza-20160316/
http://www.matsuya.com/m_ginza/info/access.html
東京都中央区銀座3-6-1
TEL. 03-3567-1211(大代表)
10:00~20:00
(最終日は17時閉場、入場は閉場の30分前まで)
入場料 マイメロディ展、キキ&ララ展共 各一般600円、高校生400円、中学生300円、小学生200円
両展鑑賞券:一般1000円、高校生700円、中学生500円、小学生300円

主催:NHKサービスセンター
特別協力:株式会社サンリオ
ⓒ 1976, 2016 SANRIO CO., LTD. TOKYO,JAPAN


すべて撮影/赤井賢一



Prev

Next

こどもMOE最新号

付録1:ノラネコぐんだん 折りたたみショッピングBAG 付録2:絵本「つつむ」 付録3:ノラネコぐんだん 2018カレンダーノート

Books

詳しくはこちら

たべてみたい!

第3回MOE創作絵本グランプリ受賞、いしいひろし待望の絵本最新刊!

みてみて おかあさん

おねえちゃんになった女の子の気持ちを描いた、LEEさんとみやこしあきこさんの初コラボ絵本。

こまった こぐま こまった こりす

かこさとしさんの1980年代の傑作絵本が、装いを新たに登場!