2017.03.12 「広松由希子の絵本棚」×Café SEE MORE GLASS 連動企画 3月はイソール!

MOE誌上で長年にわたり新刊絵本をご紹介いただいた絵本作家・評論家の広松由希子さん。「MOE」2017年3月号からスタートした新連載「広松由希子の絵本棚 世界でみつけた! 宝物絵本」では、ボローニャ国際絵本原画展やブラティスラヴァ世界絵本原画展などをはじめとする国際コンペの審査や、原画展のコーディネートなどで世界中を旅する絵本の目利き・広松さんがみつけた、とっておきの宝物絵本をご紹介いただいています。

連載第2回目となる「MOE」2017年4月号では、アルゼンチンの絵本作家であり、歌手としても活躍するイソール(ISOL)の絵本をご紹介いただきました。
DSC_0546s.jpg

東京・渋谷のCafé SEE MORE GLASSには、この連載にあわせた小さな絵本棚が登場。広松由希子さんと、イソールの絵本の翻訳を手がける宇野和美さんがディスプレイしてくださったイソールの棚は、2017年3月8日(水)〜4月7日(金)まで。お茶を飲みながら、ゆっくり味わってください。

なんと、日本でまだ出版されていないイソールの絵本も、宇野和美さんの訳文つきで読むことができます。Café SEE MORE GLASSで直接購入することもできますよ。さらに、広松さんのコレクションから、世界中の珍しい蛇腹絵本も展示されています。

abecedario-a-mano.jpg
スペイン語で書かれたイソールの絵本は、翻訳家の宇野和美さんが自ら運営されているスペイン語の子どもの本専門のネット書店「ミランフ洋書店」で購入可能です。2017年3月20日(月・祝)より営業再開予定ですので、ぜひリンク先のラインナップをのぞいてみてください。
http://www.miranfu.com

IMG_5187.JPG

ただいまCafé SEE MORE GLASSでは荒井良二さんの企画展「See More Glass もっと かがみ みてちゃん」を開催中。ほぼ日の「やさしいタオル」の原画、『きょうはそらにまるいつき』のパネル、荒井良二さんが毎晩描いている「drawing diary」などが展示されてます。3月24日(金)まで(3月12日(日)、18日(土)、20日(月)は休み)。

絵本の読める小さな喫茶店
Café SEE MORE GLASS
http://www7b.biglobe.ne.jp/~seemoreglass/
東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビルB1F
TEL.03-5469-9469
営業時間/12時~18時(日・祝は14時~)
休/土、不定休(HPにて要確認)


Prev

こどもMOE最新号

付録1:絵本「ねこのずかん」 付録2:絵本「まちあわせは木のところ」 付録3:ノラネコぐんだん できたねシール&ポスター

Books

詳しくはこちら

たべてみたい!

第3回MOE創作絵本グランプリ受賞、いしいひろし待望の絵本最新刊!

みてみて おかあさん

おねえちゃんになった女の子の気持ちを描いた、LEEさんとみやこしあきこさんの初コラボ絵本。

こまった こぐま こまった こりす

かこさとしさんの1980年代の傑作絵本が、装いを新たに登場!