絵本のある暮らし 月刊MOE 毎月3日発売

ニュース ニュース

2020.10.24

「だれも知らないレオ・レオーニ展」東京・板橋区立美術館で2021年1月11日(月)まで開催中!


レオ・レオーニ「スイミー」 1963年
Swimmy ⓒ 1963 by Leo Lionni, renewed 1991/Pantheon
On Loan By The Slovak National Gallery



小学校の教科書にも掲載され、幅広い世代に愛されている絵本『スイミー』。その「幻」とされた原画(スロバキア国立美術館所蔵)が来日しました。日本でも作品がよく知られている作者のレオ・レオーニは、どんな時代に生き、どんな人生を送ったのでしょうか。

小さな黒いさかなの『スイミー』、詩人のねずみ『フレデリック』。レオ・レオーニの絵本に登場する魅力的な主人公たちには、作者自身の姿が投影されています。レオーニは、ヨーロッパとアメリカ、グラフィックデザインとファインアートといった異なる世界を自由に行き来しながら、自分とは何者か模索し続けました。

「だれも知らないレオ・レオーニ展」では、よく知られている絵本の原画だけでなく、多数の油彩画や政治風刺イラスト、制作のためのスケッチなど、これまで公開されることのなかったレオ・レオーニの作品も多数展示されます。MOE2019年6月号(バックナンバー販売中)の巻頭特集「スイミーとレオ・レオーニ」とあわせてご覧ください。
 


 

だれも知らないレオ・レオーニ展 
板橋区立美術館
2020年10月24日(土) ~2021年1月11日(月・祝)
https://www.city.itabashi.tokyo.jp/artmuseum/4000016/4001385/4001386.html
東京都板橋区赤塚5-34-27
9時30分~17時(入館は16時30分まで)
休館日/月曜日、年末年始(ただし11月23日、1月11日は祝日のため開館し、11月24日休館)
※入場にあたっては、オンラインでの日時予約(無料)が必要です。予約が定員に達していない場合は予約なしでも入場可能です。
日時予約はこちらのサイトからお願いいたします(パソコン・スマートフォンどちらからでもお申込みいただけます)。
https://www.e-tix.jp/itabashi-art-museum/
 

 

展示作品より
 


レオ・レオーニ「フレデリック」 1967年
Frederick ⓒ 1967,renewed 1995 by Leo Lionni/Pantheon
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family





レオ・レオーニ「マシューのゆめ」 1991年
Matthew’s Dream ⓒ 1991 by Leo Lionni/Knopf
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family




レオ・レオーニ「ジャイアント」 1933年
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family




レオ・レオーニ ニューヨーク近代美術館 開館25周年記念ポスター、1954年
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family




レオ・レオーニ 「アメリカとソ連」 1955年頃
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family





レオ・レオーニ 「遊びの時間」 1992年頃
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family

レオ・レオーニ 「プロジェクト・幻想の庭」 1978年
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family



 
Ms. Annie Lionni

レオ・レオーニの代表作の1つである彫刻「幻想の庭」をはじめ、全67点に及ぶ絵画やグラフィックデザイン、作品や資料などがレオーニの孫、アニー・レオーニ氏より板橋区立美術館に寄贈されました。板橋区立美術館は1996年開催の「レオ・レオーニ展」でレオ・レオーニ氏との協力関係を築き、1999年にレオーニ氏が逝去されるまで交流が続きました。
写真は2019年7月に板橋区立美術館で行われた記者会見の様子。アニー・レオーニ氏より板橋区長に目録が贈呈されました。


 
ページトップへもどる