絵本のある暮らし 月刊MOE 毎月3日発売

ニュース ニュース

2021.07.19

「ムーミン コミックス展」広島・ひろしま美術館で9月5日(日)まで開催中


トーベ・ヤンソン「まいごの火星人」スケッチ(1957年)
©️Moomin Characters ™
 

トーベ・ヤンソンによるはじめてのムーミンのコミックは、1947年から2年間にわたりフィンランドのスウェーデン語新聞「Ny Tid(ニィ・ティド)」紙に掲載されました。その後、1954年からはイギリスの夕刊紙「イブニング・ニューズ」で「ムーミンコミックス」を連載開始。トーベの12歳下の弟ラルス・ヤンソンは英訳を手伝い、さらに途中からはトーベから連載を引き継ぐ形で、20年以上にわたり連載が続きました。
本展ではムーミンコミックスにスポットを当て、キャラクター設定、スケッチ、原画など日本初公開となる約280点を一堂に展示します。本展は2年間で全国11会場を巡回予定。ムーミンたちの豊かな世界をお楽しみください

またMOE 2020年11月号 (バックナンバー発売中)ではムーミン コミックス展をはじめムーミンを大特集。特別付録はムーミンダイアリー2021です。展覧会とあわせてぜひご覧ください。

※本ページ内画像写真の無断転載を禁じます。
 


 

「ムーミン コミックス展」
2021年7月17日(土)~9月5日(日)
ひろしま美術館
https://www.hiroshima-museum.jp/

広島県広島市中区基町3-2
TEL. 082-223-2530
開館時間/9時~17時(入館は16時30分まで)
会期中無休
入館料/一般1300円、高大生1000円、小中生500円、未就学児童は無料

■ 主催:公益財団法人ひろしま美術館、広島ホームテレビ、中国新聞社、東映
■ 後援:フィンランド大使館、広島県教育委員会、広島市教育委員会、中国放送、広島テレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz
■ 特別協力:ムーミンキャラクターズ社
■ 協力:ライツ・アンド・ブランズ、筑摩書房
■ 協賛:広島銀行
■ コミックス翻訳:冨原眞弓
■ アート・ディレクター:大谷有紀
■ 企画制作:東映
■ ムーミン コミックス展 公式サイト:https://moomin-comics.jp/ 
 

「ムーミン コミックス展」整理券の配布について
新型コロナウイルス感染防止対策として、「ムーミン コミックス展」会期中の全日程で先着順の整理券配布による入館制限を実施いたします(入館時間帯の希望および予約は受け付けておりません)。詳しくはひろしま美術館 公式ホームページをご確認ください。整理券配布状況はひろしま美術館 公式ツイッターアカウントでお知らせいたします。
 

展示構成

【ムーミン谷のなかまたち】

ムーミン谷の仲間たちを、トーベ・ヤンソンによるムーミン童話などのための直筆原画などを紹介します。

 

【トーベ・ヤンソンが描いたコミックス】

「ムーミンコミックス」の第1話「ひとりぼっちのムーミン」(1954年)、第11話「まいごの火星人」(1957年)、第18話「黄金のしっぽ」(1958年)等、トーベ・ヤンソン直筆のドローイングとスケッチを展示。 ムーミン童話にはないストーリーやコミックならではの魅力的なキャラクターも登場します。スケッチの一部は『ムーミン・コミックス』(筑摩書房 冨原眞弓/訳)との比較展示で楽しめます。
 

 

トーベ・ヤンソン「 まいごの火星人」スケッチ(1957年) ©Moomin Characters™




  トーベ・ヤンソン「黄金のしっぽ 」習作(1958年) ©Moomin Characters™


 

【ラルス・ヤンソンが描いたコミックス】

トーベの12歳下の弟、ラルス・ヤンソン(1926~2000年)は、資料収集や翻訳などで「ムーミンコミックス」の連載に係っていましたが、トーベが多忙になると1960年からはラルス一人で連載を続けることになりました。 このコーナーでは、第62話「古代エジプトへの旅」(1971年)、第68話「お金持ちってめんどうくさい」(1973年)、今回全ページ紹介をする第71話「ムーミンたちの戦争と平和」(1974年)、ムーミンコミックス最終話となった第73話「10個のブタの貯金箱」(1975年)の4話を、日本初公開となるラルスの直筆原画180点でご紹介いたします。
 


ラルス・ヤンソン「MOOMIN AND THE TEN PIGGY BANKS」原画(1975年) ©Moomin Characters™
 
ラルス・ヤンソン「MOOMINS IN BATTLE」原画(1974年) ©Moomin Characters™

 



 
巡回予定


名古屋市博物館(愛知県)
2021年9月11日(土)~11月14日(日)

そごう美術館(神奈川県)
2021年11月19日(金)~2022年1月10日(月)

長崎県美術館
2022年1月21日(金)~3月27日(日)

愛媛県美術館
2022年4月2日(土)~5月29日(日)

東京富士美術館
2022年6月18日(土)~8月28日(日)
ページトップへもどる