絵本のある暮らし 月刊MOE 毎月3日発売

ニュース ニュース

2022.04.16

「堀内誠一 絵の世界」展 静岡 ベルナール・ビュフェ美術館で7月25日(月)まで開催中

 

グラフィックデザイナー、アートディレクター、エディトリアルデザイナー、絵本作家、エッセイスト……さまざまな分野の第一線で活躍し、多大な功績を残した堀内誠一さんの「絵の世界」に注目した展覧会が全国を巡回中。3月19日(土)〜7月25日(月)は静岡県のベルナール・ビュフェ美術館で開催されます。
 

1932年、東京に生まれた堀内誠一さん。図案家だった父の影響もあり、絵を描くことが好きな少年でした。戦後間もない1947年、14歳で社会に出た堀内さんはデザインの仕事で瞬く間に頭角を現しました。「BRUTUS」「anan」などの雑誌のアートディレクターを務め、雑誌のロゴデザインや本の装丁、ポスターのデザインなど多彩な仕事を展開。1958年には初の絵本『くろうまブランキー』(福音館書店)の絵を担当、生涯で60冊を超える絵本を手がけました。

本展は、堀内さんが10代の頃に描いた油絵作品(初公開)などをはじめ、数々の絵本の原画、デザインにおける作画、雑誌のためのカットなど、堀内さんの創作の原点ともいえる「描くこと」に着目。54年の短い生涯で残した多彩な作品から、堀内さんの絵の世界をひもとく展覧会です。

また本展の開催を記念し、MOE 2022年6月号(バックナンバー販売中)では特集「堀内誠一 絵を描くよろこび」を掲載。ベルナール・ビュフェ美術館での展示の様子もたっぷりご紹介します。さらに未刊行だった堀内さんの名作絵本の豆本がつくれるふろくなど、MOE誌上だけの特別企画も。本誌と合わせてお楽しみください。
 

 

 開催概要
 

堀内誠一  絵の世界
2022年3月19日(土)〜7月25日(月)
ベルナール・ビュフェ美術館
https://www.clematis-no-oka.co.jp/buffet-museum/
静岡県駿東郡長泉町東野クレマチスの丘515-57
開館時間/10時〜17時(入館は閉館の30分前まで)
入館料/一般 1,000円(900円) 高・大学生 500円(400円) 中学生以下 無料 ( )内は20名様以上の団体割引
休館日/水・木(ただし5月4・5日は開館)

 

 巡回予定


2022年7月30日(土)〜9月25日(日)
神奈川近代文学館

2023年7月〜8月
ひろしま美術館

2023年秋 群馬会場
2024年春 岩手会場

 
 展示内容

 

絵を描きたい その創作の原点
  

子どもの頃に描いたスケッチ、10代の頃に手がけた油絵など、堀内さんの創作の原点となった作品が展示されます。
 


《青いサーカス一家》1950 年 油彩・キャンヴァス

 
多彩な絵本の世界
 

1958年に初の絵本『くろうまブランキー』(福音館書店)の絵を担当した堀内さんは、その後もデザイナーの仕事をしながら、生涯で60冊を超える絵本を手がけました。本章では堀内さんの絵本を初期から晩年まで5つの項目に分類。物語にあわせて大きく変わる多彩な画風や、絵本の特徴・変遷を展観します。


1. はじまりの絵本たち

 

『くろうまブランキ―』1958 年 福音館書店



『ぐるんぱのようちえん』1965 年 福音館書店

 

2. 名作と向き合う

『雪わたり』1969 年 福音館書店

 

3. 好奇心と科学の絵本

『かげ』 1970 年 福音館書店


4. 広がる絵本の世界

『てがみのえほん』1972 年 福音館書店
 

5. パリで生まれた絵本たち


『パンのかけらとちいさなあくま』1979 年 福音館書店
 

 

物語を導く 挿絵の世界
 

堀内さんが挿絵を手がけた40冊以上の絵本や童話から、代表的な作品を中心に紹介します。
 

『ふらいぱんじいさん』1969 年 あかね書房
 


堀内誠一の残したもの
 

現在でも使われているロゴのデザイン、さまざまな雑誌のアートディレクション、本の装丁、ポスターのデザイン、ミニコミ誌の編集、友人たちへの絵手紙、旅先の風景、手描きの地図……描くことを通して堀内さんが表したさまざまなものを紹介します。また、堀内さんの愛用品や画材などもあわせて展示します。

 


パリ風景≪ポン・ヌフ≫ 1978 年 鉛筆・水彩・紙



Profile
堀内誠一 ほりうち せいいち

1932年東京生まれ。デザイナー、アートディレクター、絵本作家。数々の雑誌のエディトリアルデザインやロゴデザインを手がける傍ら、生涯で60冊を超える絵本を描き、また挿絵も数多く担当した。1973年から81年にかけてフランス・パリに暮らし、世界を巡り、旅先の風景や地図を描き雑誌で発表するなど、多彩な表現に意欲的に取り組んだ。1987年逝去。享年54。
 

 

堀内誠一 写真提供:堀内事務所 ©Seiichi Horiuchi

ページトップへもどる