絵本のある暮らし 月刊MOE 毎月3日発売

ニュース ニュース

2021.07.17

「かこさとし展ーこどもはみらいにいきるひとー」千葉・市川市文学ミュージアムで9月20日(月)まで開催中

 

ユーモラスなキャラクターが魅力的な「だるまちゃん」シリーズ(福音館書店)や、工学博士・技術士としての専門知識をもとに描かれた科学絵本の数々で知られる絵本作家・かこさとしさん。

2021年7月より市川市文学ミュージアムで開催される展覧会「かこさとし展 ―こどもはみらいにいきるひと―」では、開催地の千葉県・房総半島を舞台に描かれた絵本『出発進行!里山トロッコ列車~小湊鐡道沿線の旅~』(2016年 偕成社)の原画や愛用品が展示されます。

さらに『からすのパンやさん』(1973年 偕成社)や『だるまちゃんとかみなりちゃん』(1968年 福音館書店)の複製原画を展示、作品を通してかこさとしさんの生涯を紹介します。  

  

 


『サン・サン・サンタ ひみつきち』(かこさとし/作 2019年 白泉社)
 

会場では、1980年代に描かれた『サン・サン・サンタ ひみつきち』(2019年 白泉社)の複製原画も展示。かこさんの絵本作りに込められた思いを、作品とともにご紹介いたします。きめ細やかな筆致の中にも温かくエネルギッシュな創作意欲が感じられる、かこさとしさんの世界を存分にお楽しみください。

 

 



かこさとし展  ―こどもは みらいに いきるひと―

2021年7月17日(土)~9月20日(月・祝)
市川市文学ミュージアム 企画展示室
千葉県市川市鬼高1-1-4 生涯学習センター2階
https://www.city.ichikawa.lg.jp/cul06/litera.html
TEL. 047-320-3334
開館時間/平日 10時〜19時30分、土日祝 10時〜18時(企画展示室への入室は閉館30分前まで)
休館日/毎週月曜日(8月9日、9月20日は開館)、7月30日、8月10日
観覧料/一般500円(400円)、65歳以上400円(300円)、高大生250円(200円)、中学生以下無料

※( )内は25名以上の団体料金 ※障害者手帳をお持ちの方と付添の方1名無料

主催/市川市
協力/加古総合研究所、小湊鐵道、アートキッチン、偕成社、福音館書店ほか

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、内容に変更が生じる場合があります。詳細はWebサイト、ツイッターなどでお知らせいたします。

ページトップへもどる